Item

新編 われわれはなぜ映画館にいるのか

新編 われわれはなぜ映画館にいるのか
著者=小林信彦、装幀=和田誠

1970年代のキネマ旬報に連載した《架空シネマテーク》《ニューヨークで起こったこと 1974夏 》などをメインに収録、マルクス兄弟、ジョン・フォード、ビリー・ワイルダー、MGMミュージカル、ドン・シーゲル、黒澤明、日活活劇、アルフレッド・ヒッチコック、クリント・イーストウッド、笠原和夫、そして植木等……、小林信彦氏の名批評のすべてを集めた決定版!

【本書のための語りおろし】
対談:芝山幹郎×小林信彦 今ひとたびの「仁義なき戦い」

【単行本初収録】
植木等×小林信彦



**************************************************
【書籍名】新編 われわれはなぜ映画館にいるのか
【著者名】小林信彦/(装幀)和田誠
【訳・監修】
【ISBNコード】978-4-87376-420-7
【判型・頁数】A5判(上製)/328頁/書籍
【刊行年月】2013年3月
**************************************************
¥ 3,024

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 郵送B(ムック・書籍)

    全国一律 350円
  • 定期購読会員専用(会員以外は選択不可)

    全国一律 0円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

関連商品

  • 【サイン本】あの映画に、この鉄道 【サイン本】あの映画に、この鉄道 ¥ 2,700
  • あの映画に、この鉄道 あの映画に、この鉄道 ¥ 2,700
  • 午前十時の映画祭9 プログラム 午前十時の映画祭9 プログラム ¥ 1,200