Item

キネマ旬報 2020年8月下旬号 No.1846

キネマ旬報 2020年8月下旬号 No.1846
2020年8月5(水)発売!
(雑誌コード:20723-8/15)
※商品は出来次第の発送となります。


8月下旬号 目次

巻頭特集
「窮鼠はチーズの夢を見る」の世界へ
インタビュー 大倉忠義 ■平田真人
原作・水城せとなの世界 ■塚田泉  
特別寄稿 ■岩井俊二



企画・作品特集
[男優×男優]愛の映画世界
日本映画における男性同性愛表象の過去・現在・未来 ■久保豊
エッセイ 映画「his」のグラビアを撮影して ■中村早


戦後75年特別企画
現代につなげる戦争の映画
「ひろしま」 ■佐藤忠男 「太平洋の鷲」 ■大高宏雄 「攻撃」 ■轟夕起夫
「ニュールンベルグ裁判」 ■恩田泰子 「清作の妻」 ■尾形敏朗
「特攻大作戦」 ■鬼塚大輔 「ルシアンの青春」 ■立花珠樹
「勝利への脱出」 ■平辻哲也 「未完の対局」 ■増當竜也
「フルメタル・ジャケット」 ■石飛徳樹 「キプールの記憶」 ■勝田友巳
「夕凪の街 桜の国」 ■垣井道弘 「ハンナ・アーレント」 ■関口裕子
「沖縄 うりずんの雨」 ■佐藤結 「野火」 ■中山治美


ディレカンの夢は遠く……
追悼 宮坂進(ディレクターズ・カンパニー社長)
ディレカンの映画を見て育った人たちとこれから見る人たちのために ■野村正昭
幻のドキュメンタリー「ディレカン戦記」 ■成田尚哉
ディレカン「前夜」の風景 ■轟夕起夫
ディレクターズ・カンパニーをめぐる極私的な追想 ■高崎俊夫
第一作「人形伝説」は映画狂人・池田敏春に託された ■樋口尚文
相米とディレカン 三つの相米作品 ■榎戸耕史


「ポルトガル、夏の終わり」
コラム イザベル・ユペール論 ■大久保清朗
インタビュー イザベル・ユペール、アイラ・サックス[監督] ■斉藤博昭


映画と生きる 第6弾
インタビュー 綿井健陽[ジャーナリスト・映画監督] ■金澤英恵
SAVE the CINEMAのこれまでとこれから
~SAVE the CINEMA、ミニシアター・エイド基金等活動報告会リポート~ ■渡邊玲子


クールジャパン政策を斬る!
日本映画の“明るい未来”のために
対談 ヒロ・マスダ[映画プロデューサー]×深田晃司[映画監督] ■小野寺系
コラム ■崔盛旭


「追い風」
インタビュー 安楽涼[監督・共同脚本]、DEG[主演・ラッパー] ■寺岡裕治


死ぬまでにこれは観ろ!2020 キング洋画210連発!
対談 松崎健夫×三宅隆太 ■岡﨑優子



【その他レギュラーコンテンツ】
¥ 935

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 郵送A(キネマ旬報)

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

関連商品

  • キネマ旬報 2020年11月下旬号 No.1853 キネマ旬報 2020年11月下旬号 No.1853 ¥ 935
  • キネマ旬報 2020年11月上旬号 No.1852 キネマ旬報 2020年11月上旬号 No.1852 ¥ 935
  • キネマ旬報 2020年10月下旬特別号 No.1851 キネマ旬報 2020年10月下旬特別号 No.1851 ¥ 1,210