Item

キネマ旬報 2020年6月上旬号 No.1839

キネマ旬報 2020年6月上旬号 No.1839
2020年5月20日(水)発売/定価850円+税

6月上旬号目次

【緊急特集】
映画と生きる
映画を 作る/見せる/観る/伝える
私たちがいまできること

リポート「ミニシアターのいま」 ■大森さわこ
インタビュー 「ミニシアター・エイド基金」について 
発起人・深田晃司[映画監督]&濱口竜介[映画監督] ■寺岡裕治
リポート「映画に対する公的助成、再考のとき」 ■寺脇研
インタビュー「ミニシアターで上映される日本映画はどうなる?」 
市橋浩治[プロデューサー] ■岡﨑優子
リポート「シネコンチェーンの#SAVE the CINEMA」 ■岡﨑優子
リポート「海外の映画館はいま」 
アメリカ ■荻原順子/韓国 ■成川彩/台湾 ■栖来ひかり/
フランス ■佐藤久理子/ドイツ ■六草いちか
緊急アンケート「キネマ旬報読者・映画ファン」と「映画館で働く方々」の声
CINEGUIDE 緊急 配信上映版 ■金澤英恵
2月28日〜5月30日公開予定の劇場公開延期作品一覧



【企画・作品特集】
私たちが愛した大林宣彦監督
プロフィール/フィルモグラフィ/大林宣彦監督、スナップと言葉
その日のあとで 2020年4月のこと ■岡﨑優子
追悼文 ■野村正昭、轟夕起夫
アンケート 私が愛した大林映画
■石飛徳樹、石村加奈、イソガイマサト、ヴィヴィアン佐藤、植草信和、内海陽子、襟川クロ、大高宏雄、岡﨑優子、恩田泰子、賀来タクト、笠井信輔、勝田友巳、北川れい子、佐藤忠男、中川右介、野村正昭、服部香穂里、樋口尚文、平辻哲也、増当竜也、三留まゆみ、渡辺祥子、渡辺武信、前野裕一
読者の声


2020年河瀨直美考
「朝が来る」公開に向けて
作家論 河瀨直美が描く家族の中の個 ■金原由佳
プロダクションノート 河瀨直美の映画づくり


「鵞鳥湖の夜」
インタビュー ディアオ・イーナン[監督・脚本] ■常川拓也


『映画「東京オリンピック」1964』
インタビュー 森遊机[プロデュース、企画、共同執筆] ■前野裕一(聞き手)
寄稿 ■吉田伊知郎
書評 ■尾形敏朗


追悼 映画評論家・松田政男
追悼文 ■足立正生、今井照容


追悼 撮影監督・仙元誠三
インタビュー 澤井信一郎[監督] ■山本俊輔
コラム「仙元誠三と村川透」 ■山本俊輔
追悼文 ■柳島克己



【その他レギュラーコンテンツ】
¥ 935

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 郵送A(キネマ旬報)

    全国一律 200円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

関連商品

  • キネマ旬報 2020年9月上旬号 No.1847 キネマ旬報 2020年9月上旬号 No.1847 ¥ 935
  • キネマ旬報 2020年8月下旬号 No.1846 キネマ旬報 2020年8月下旬号 No.1846 ¥ 935
  • キネマ旬報 2020年8月上旬号 No.1845 キネマ旬報 2020年8月上旬号 No.1845 ¥ 935