Item

タブーこそを撃て! 原一男と疾走する映画たち

タブーこそを撃て! 原一男と疾走する映画たち
『さようならCP』(72)『極私的エロス・恋歌1974』(74)『ゆきゆきて、神軍』(87)『全身小説家』(94)、そして新作ドキュメンタリー『ニッポン国VS泉南石綿村』(17)……実に24年ぶりとなる原一男監督の新作が3/10公開。
本書では最新作を含む圧倒的に「面白い」原一男監督の疾走の軌跡を追走しています。

原一男監督へのロングインタビュー、庵野秀明・柳美里・塚本晋也との対談、四方田犬彦、三浦雅士、大塚英志による論考、辺見庸が語る「原一男映画」などなど、充実の誌面。
¥ 1,890

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 郵送B(ムック・書籍)

    全国一律 350円
  • 定期購読会員専用(会員以外は選択不可)

    全国一律 0円

※5,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

関連商品

  • 溝口健二著作集 溝口健二著作集 ¥ 3,024
  • シネアスト 相米慎二 シネアスト 相米慎二 ¥ 2,160
  • 知っておきたい21世紀の映画監督100 知っておきたい21世紀の映画監督100 ¥ 2,160